相続できる財産とは、どのようなものですか?

相続できる財産は、土地や建物などの不動産、自動車などの動産、預金などの債権、借金などの債務、借地権や借家権などの権利、売主や買主としての地位などの権利義務、などです。

【解説】
故人の財産に属した一切の権利義務については、原則として相続することができます。
しかしながら、運転免許や医師・弁護士などの資格のように、故人の一身に専属した権利義務は、相続の対象にはなりません。