遺言書を書きたいのですが、何を書いたらよいのかわかりません。

遺言できる事項は、法により定められています。

【解説】
遺言事項は法によって定められており、それ以外の内容については遺言としての効力はありません。例えば、自分の葬式のやり方を遺言しても、法的な拘束力は一切ありません。
遺言事項は、以下の事項に限られています。

遺言でも生前行為でもできる行為
・認知
・遺贈
・寄付行為
・相続人の廃除、廃除の取り消し
・特別受益者の持ち戻し免除
・信託の設定

遺言によってのみできる行為
・未成年後見人の指定、未成年後見監督人の指定
・遺贈の減殺方法の指定
・相続分の指定、指定の委託
・遺産分割方法の指定、指定の委託
・遺産分割の禁止
・共同相続人間の担保責任の指定
・遺言執行者の指定、指定の委託

よくある質問 遺言に関する質問 一覧