公正証書遺言について

公正証書遺言とは

公証人の立ち会いの下で作成する「公正証書遺言」は、相続人間の紛争が少ないのがメリットです。

  公正証書遺言(民法969条)
誰が書く? 公証人
条件は?
  • 証人2名以上の立会いがあること
  • 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。
  • 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、または閲覧させること。
  • 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。
  • 公証人が、その証書が前述の方式に従って作成したものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。
民法第974条により次の者は証人または立会人となることができません。
  • 未成年者
  • 推定相続人、受遺者及びその配偶者並びに直系血族
  • 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び雇人
保管は誰がする? 公証役場と遺言者
メリットは?
  • 内容の不備により無効となる場合が、ほとんどない。
  • 紛失、偽造・変造の心配がない。
  • 相続人間の紛争が少ない。
  • 文字を書けない人でもできる。
デメリットは?
  • 手続きが多少面倒である。
  • 費用がかかる。
  • 遺言の存在やその内容を秘密にしておくことができない。
検認は必要? 不要

各遺言書の違いはこちらをご覧ください。
「自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の比較表」
(PDF形式/105KB)

遺言書について 一覧