自筆証書遺言について

自筆証書遺言とは

一人で作成でき、特別な費用がかからない「自筆証書遺言」。反面、内容の不備で無効になることもあります。

自筆証書遺言内容について

遺言を書く人は

遺言を残す人自身が記述します。

注意点

  • 全文、日付及び氏名を自分自身で書き、署名、押印すること。
  • 音声や録画映像、ワープロやパソコンで作成したもの、他人が代筆したものは、認められない。

誰が管理するのか

遺言を残す人自身が管理します。

自筆証書遺言のメリット

  • 一人で作成できる。
  • 特別な費用がかからない。
  • 遺言の存在を隠しておける。

自筆証書遺言のデメリット

  • 内容の不備により無効となる場合がある。
  • 紛失や偽造・変造の危険がある。
  • 相続人間で紛争が生じやすい。
  • 文字を書ける人に限られる。

検認の必要性

遺言内容を実行するためには、検認が必要になります。
検認についてはこちらをご確認ください。 遺言があった場合

各遺言書の違いはこちらをご覧ください。
「自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の比較表」
(PDF形式/105KB)

遺言書について 一覧