贈与契約書/生前贈与契約用

贈与契約書/生前贈与契約用

相続税対策として、生前贈与をする際に、単に、親が子供の口座にお金を振り込むだけでは、「子供の名義を借りただけで、実質的には親の預金である」とされ、相続税の課税対象となります。
そうならないためには、親と子との間で贈与が行なわれたことを、しっかりと契約書に残しておくことが重要です。
贈与契約書には、親と子、双方が署名押印する必要があります。お子様にも自筆で署名してもらい、判もお子様が日常使用する判にしてください。
パソコンで名前を打って、三文判を押しただけでは、本当にお子様が署名したのか疑われてしまいます。
相続税対策に、ぜひ、こちらの贈与契約書のひな型をご利用ください。

書式情報

ファイルタイプ PDF
ファイルサイズ 63Kbyte

この書式をダウンロードする

書式ダウンロード 一覧