遺言書の作成

相続争いに、財産の多い少ないは関係ありません。また、相続人間での争いごとは、後々まで影響を残し、その後交流断絶ということも珍しくありません。そういった争いを避けるためにも、遺言書の作成をお勧めします。

分割対策

遺言書で相続分・遺産分割方法を指定すると、原則、その指定通りの分割が行われます。遺言書の方式には大きく3つありますが、全てにおいて、内容は具体的にわかりやすく、を心掛け、誰に何をどう分けるのかを詳細に記載するようにしましょう。

遺言書に不備がある場合には、無効になる恐れがあります。費用や手間はかかりますが、公正証書遺言を作成し、遺言執行人を指名しておけば、執行人が遺言の内容を実現してくれます。

遺言書について 一覧