相続人について(誰が対象なの?)

相続人とは、亡くなった人の権利と義務を引き継ぐ地位にある人のことをいい、民法で定められています。これを、法定相続人といいます。一方、亡くなった人のことを、相続された人という意味で、被相続人といいます。

民法では、相続人の範囲や優先順位を次のように定めています。

相続人の順位と範囲(民法887条、889条、890条)

【配偶者】 法律上の婚姻関係にある配偶者は、以下の相続人とともに、常に相続人となります(配偶者相続人)。
第1順位
第2順位 子がいない場合の直系尊属(父母や祖父母等)
第3順位 子も直系尊属もいない場合の兄弟姉妹
胎児は相続人として扱いますが、死産した場合は相続人ではなくなります(民法886条)。

法定相続分

各相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を引き継ぎます(民法899条)。ですので、どれだけ相続するかは、基本的には,「法定相続分」に従います。
「法定相続分」とは、民法で定められた取り分の割合のことです。

  • 相続人が子の場合(第1順位)
    配偶者と子が相続人の場合は、配偶者が2分の1、子は2分の1を子の人数で割った割合が法定相続分となります(民法900条1項、4項)。
  • 直系尊属が相続人の場合(第2順位)
    配偶者と直系尊属(両親、両親死亡の場合は祖父母など)が相続人の場合は、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1を直系尊属の人数で割った割合が法定相続分となります(民法900条2項、4項)。
  • 相続人が兄弟姉妹の場合(第3順位)
    配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1を兄弟姉妹の人数で割った割合が法定相続分となります(民法900条3項、4項)。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹は、双方を同じくする兄弟姉妹の2分の1が法定相続分となります。

相続人となるべき人がすでに亡くなっている時は?

被相続人より先に(または同時に)相続人となるべき人が死亡している場合、相続人となるべき人の子(直系卑属)に相続権が移ります。これを代襲相続といいます。
さらに、相続人となるべき人の子(代襲相続人)も死亡している場合等には、その子(相続人からみて孫)に相続権が移ります。これを再代襲といいます(民法887条2項)。なお、相続人が相続放棄をした場合には、代襲相続は発生しません。

このように、相続人が第一順位の『子』の場合、子・孫等には再代襲・再々代襲がどこまでも認められていますが、相続人が第三順位の『兄弟姉妹』の場合は、その子(被相続人から見て甥・姪)までしか代襲相続は認められません(民法887条3項、889条2項)。

相続人になれない人

次の者は相続人となることができません。

欠格 相続人が、被相続人や、自分より先順位の相続人を故意に殺害し刑罰を受けた場合、詐欺や脅迫により被相続人に遺言を書かせた場合等は、格別の手続きをしなくとも、法律上当然に相続人となる資格を失います(民法891条)。
廃除 相続人(兄弟姉妹を除く)が、被相続人を虐待した場合、被相続人に重大な侮辱を加えた場合、被相続人が家庭裁判所に申し出て相続権を剥奪します。被相続人が遺言で行うことも可能です(民法892条)。
相続放棄 相続人の方から、相続することを放棄することです。相続放棄をした者は、相続開始時から相続人ではなかったことになります(民法939条)。

相続関係説明図(相続関係図)で見てみよう。

相続関係説明図で相続関係を見えるかする

ヒント

通常、被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍を収集し、相続人を探し出します。
相続人が決まったら、相続関係説明図を作成しましょう。相続関係説明図とは、文字通り、被相続人と相続人の関係を表す説明図です。相続関係説明図の書き方、用紙サイズ、縦書横書の別等、特に決まりはありません。

相続関係説明図は、相続の手続きになくてはならないもの、というわけではありませんが、あれば当事者関係の説明に役立ちますし、裁判所での手続きでも活用されますので、作成することをお勧めいたします。

相続関係図のサンプルはこちらをご覧ください。
相続関係図サンプル(書式集「法定相続人確認シート」)
(PDF形式/125KB)

相続手続きについて 一覧