解決事例
遺言書の通りなら取り分ゼロのところ、遺留分侵害額請求で1000万円の現金を獲得
50代 / 男性

遺言書の通りなら取り分ゼロのところ、遺留分侵害額請求で1000万円の現金を獲得

相続人 長男、二男、三男(相談者)
相続財産 不動産(土地、戸建て)、預貯金、あわせて6000万円相当

相続関係図

相続関係図
遺言により、すべての財産を長男が相続する。
遺留分侵害額として6分の1相当額,現金1000万円を取得。

相談内容「すべての財産を長男が相続する」という遺言書があることが判明

相談者Aさんは、四十九日法要で、父の遺言書があることを知らされ、遺産の内容も知らないまま、兄(Bさん)夫婦から「すべての財産をBさんが相続する」という遺言に納得するように言われました。父母とAさんとの関係は良好であったし、母の相続時や普段の付き合いから、Bさん夫婦に対する不信感があり納得できない部分がありました。Aさんは遺留分を請求できないかと、Bさんに遺産内容の開示を求めましたが応じてもらえず、当事者間の交渉が難航したため、ホームワンに相談に来られました。

ホームワンの対応弁護士が財産目録や資料の開示を求め、地道に遺産の範囲を調査

まず遺留分を請求する意思表示としてBさんに内容証明郵便を送付し、ホームワンとしてあらためて財産目録や資料の開示を求めました。その間、法定相続情報証明制度を利用し、法定相続情報を作成しました。この証明があると、父親の銀行の預金取引履歴を取得する作業がスムーズに行えます。そうして集めた取引記録をもとに、生前の出金やお金の流れを精査しました。内容に疑問点があれば、逐一Bさんに照会し、地道に遺産の範囲を特定する作業を行ないました。

解決結果遺産額は6000万円相当と判明、遺留分侵害額として現金1,000万円を獲得

調査の結果、遺産額はあわせて6000万円相当であることを確定させることができました。Bさん夫婦にも結果の正当性を納得してもらい、Aさんは法定の遺留分侵害額(6分の1)にあたる現金1,000万円を取得することができました。

プライバシー保護のため、一部内容を変更しています。

ホームワンでは、お客様の状況やご希望に合わせて、来所・電話・オンラインでのご相談を承っております。
遺産相続に関するご相談は初回無料です。
0120-316-279
相談予約 平日 7:00-21:00 土日祝 9:00-21:00
メール予約
24時間受付

相続の解決事例一覧