遺留分

遺留分侵害額請求をしたい遺留分侵害額請求の基礎知識を解説します

遺留分侵害額請求(改正前は遺留分減殺請求と言いました)とは何かを知るには、まず遺留分について理解しなければなりません。

遺留分とは

遺留分とは、相続人に保障された最低限の相続分です。例えば、被相続人の子が3人おり妻はすでに他界しているというときに、被相続人が遺言で、長男に財産を全額相続させるとしていたとしても、長男以外の子供には最低限守られる取り分があります。

遺留分は、上記のような遺言で特定の相続人に財産を多く相続させる場合だけなく、生前贈与により相続時に財産が少なくなってしまい最低限の取り分を下回っている場合にも主張できます。

関連リンク 相続分と遺留分について(どれくらい相続するの?)

遺留分侵害額請求とは

遺留分侵害額請求とは、遺言や生前贈与によって侵害された遺留分について、侵害している相続人などに対して侵害額相当額の支払いを求める内容の金銭請求をすることをいいます。遺留分侵害額請求は、特定の子供に多く相続させる場合だけでなく、下記のようなケースでも当てはまることがあります。

  • 被相続人が、生前に愛人に多くの財産を贈与していた
  • 被相続人が、施設や団体に全財産を寄付する遺言を残していた

遺留分侵害額請求の条件と手続き

(1)侵害されていることを知って1年以内に

遺留分侵害額請求は、遺留分が侵害されていることを遺留分権利者が知った時から1年以内、または相続発生時から10年以内に行う必要があります。

(2)書面から交渉、調停、裁判まで

口頭で請求すると、後々、1年以内に請求したことを証明することができなくなってしまい争いになる可能性があります。そのため、書面で遺留分の侵害額請求を行います。具体的には、配達証明付き内容証明郵便で行うべきでしょう。

内容証明で、遺留分侵害額請求を行ったのち、相手方と交渉を行ないます。しかし、遺留分侵害額の金額や、そもそも遺留分侵害の有無について相手方と意見が一致しない場合は、家庭裁判所に遺留分侵害額請求の調停、あるいは地方裁判所に訴訟を提起することで解決を図ります。

遺留分侵害額請求 メニュー

遺産相続に関するご相談は初回無料です。
0120-316-279
予約受付 5:30~24:00(土日祝も受付)
メール予約
24時間受付