よくある質問

相続分に関する質問

生前の貢献について(寄与分)

私は、長男として父の事業を手伝ってきました。他の兄弟はそれぞれ別の会社で働いています。父の事業に貢献しているのは私だけなのですが、父の名義になっている会社の土地やその他の財産は、他の兄弟と等分に分けなければいけないのでしょうか?
寄与分として、本来の相続分を超える額の相続が認められる可能性があります。
被相続人の事業に労務を提供した場合や財産を給付した場合、または被相続人の財産の維持や増加に特別の寄与が認められる場合には、寄与分が認められます。ただし、親族間で通常期待される程度の義務を果たしただけでは、特別の寄与というには足りません。なお、寄与分の額は、原則として、相続人間での協議で決めます。しかし、協議がまとまらない場合には、家庭裁判所での調停や審判によって決めることになります。

生前贈与と相続財産との関係性

父が亡くなりました。父は生前、他の兄弟たちにそれぞれ、商売のための資金を出したり、結婚のための支度金を出したりしていましたが、私は何もしてもらっていません。それでも、私たち兄弟は父の遺産を等分に分けなければならないのでしょうか?
兄弟たちが受けた利益(特別受益)を遺産に戻して相続分を計算することができます。
相続人が故人から遺贈を受けたり、故人から生前に贈与を受けている場合には、その分については相続分の前渡しを受けたものとして扱います。このようにして特別な利益を受けた相続人を、特別受益者といいます。また、特別受益者が受けた利益を遺産に戻して相続分を計算することを、特別受益の持ち戻しといいます。

跡取りの相続

父が亡くなり、同居していた長男が跡取りだから全部相続したいと言っています。そんなことができるのでしょうか?
当然に全部を相続することはできません。
現在の民法では、原則として、法律で定められた相続人が法律で定められた相続分に従って相続することとされています。旧民法で定められていた家督相続は廃止されていますので、跡取りであるからという理由で故人の財産を全て相続することは認められていません。なお、相続人全員が合意すれば、長男がすべてを相続することは可能です。

よくある質問 メニュー

遺産相続に関するご相談は初回無料です。
0120-316-279
予約受付 5:30~24:00(土日祝も受付)
メール予約
24時間受付