よくある質問

相続の一般的なよくある質問

相続財産とは?

相続できる財産とは、どのようなものですか?
相続できる財産は、土地や建物などの不動産、自動車などの動産、預金などの債権、借金などの債務、借地権や借家権などの権利、売主や買主としての地位などの権利義務、などです。
故人の財産に属した一切の権利義務については、原則として相続することができます。しかしながら、運転免許や医師・弁護士などの資格のように、故人の一身に専属した権利義務は、相続の対象にはなりません。

関連リンク:相続財産について(何を相続するの?)

借金の相続

夫が亡くなりましたが、多額の借金があります。私と子供は、相続人としてこの借金を支払わなければならないのでしょうか?
相続をした場合には、借金も支払わなければなりません。ただし、相続放棄または限定承認をすれば、借金の支払いを免れることができます。
相続をすると、被相続人が生前抱えていた債務等のマイナスの財産も当然に承継されますので、相続人は借金を支払う必要があります。相続人が被相続人の債務の承継を免れるためには、「相続放棄」または「限定承認」の手続きを行なう必要があります。相続人が、相続放棄または限定承認をするには、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に申立てをしなければなりません。

関連リンク:相続承認と相続放棄

墓や仏壇の相続について

墓や仏壇は相続の対象となりますか?
相続の対象とはなりません。
墓や仏壇は、祭祀のための財産であり、祭祀を承継する人が承継することになっています。祭祀財産とは、家系図などの系譜、仏像や位牌などの祭具、墓碑などの墳墓のことです。祭祀財産は、相続の対象とはならないので、祭祀を承継する人ならば相続人でなくとも承継することができます。

関連リンク:相続財産について(何を相続するの?)

養子の相続について

養子は、実の親の遺産を相続することができますか?
普通養子の場合は、実の親の遺産を相続することができます。しかし、特別養子の場合には、実の親の遺産を相続することができません。

民法では、普通養子と特別養子の2種類を養子として認めています。いずれも、養子縁組の日から養親の嫡出子としての身分を取得し、養親子における関係は実親子における関係と全く同一のものとなります。普通養子の場合、養子縁組によって実親および実親族との関係に全く影響を及ぼしません。しかしながら特別養子の場合、養子縁組によって実親および実親族との関係は原則として終了します。

普通養子と特別養子の違い
普通養子・・・養子が実親との親子関係を存続したまま、養親との親子関係をつくり、二重の親子関係にある
特別養子・・・養子が戸籍上も実親との親子関係を断ち切り、養親が養子を実子と同じ扱いにしている

相続人の廃除(除外)について

息子は昔から素行が悪く、私や妻に暴力をふるい、入院したこともありました。そんな息子には私の財産を相続させたくないのですが、そのようなことは可能でしょうか?
息子に対して相続人廃除の手続を行なうか、息子以外の相続人に相続させる遺言を残す方法があります。ただし、遺言を残す方法では、息子から遺留分を取り戻す請求がなされる場合があります。
子が親を虐待するなど、著しい非行があった場合には、家庭裁判所の審判を得た上で、相続人を相続関係から除外することができます。なお、廃除は相続人の相続権を完全に剥奪するものなので、社会常識からみて廃除が妥当と思えるほどの事由がなければ、認められません。

胎児の相続

夫が亡くなってしまいましたが、まもなく生まれる予定の胎児に相続の権利はありますか?
無事に生まれてくれば相続権をもちます。
相続や遺贈の場合に関しては、胎児はすでに生まれたものとみなされます。胎児が無事に生まれれば相続権をもちますが、死産の場合はもともと相続しないものとして扱われます。

関連リンク:相続人について(誰が対象なの?)

生命保険金は相続?

受取人が妻と指定されている、夫の生命保険金は、相続の対象となるのでしょうか?
相続の対象とはなりません。
生命保険金は相続財産ではないので、相続の対象にはなりません。

関連リンク:相続財産について(何を相続するの?)

よくある質問 メニュー

代表弁護士 中原俊明 (東京弁護士会所属)
  • 1954年 東京都出身
  • 1978年 中央大学法学部卒業
  • 1987年 弁護士登録(登録番号:20255)
  • 2008年 法律事務所ホームワン開所

一件のご相談が、お客さまにとっては一生に一度きりのものだと知っています。お客様の信頼を得て、ご納得いただける解決の道を見つけたい。それがホームワンの願いです。法律事務所ホームワンでは相続問題に関する相談を受け付けています。

遺産相続に関するご相談は初回無料です。
0120-316-279
予約受付 5:30~24:00(土日祝も受付)
メール予約
24時間受付